Editor’s note

Producer

2015年12月の創刊から足掛け3年、vol.4も無事発刊することができました。福島美少女図鑑を応援してくださっているすべての方々に心より感謝申し上げます。ここのところ図鑑所属モデルたちを、テレビCMや各種広告などで目にする機会が増えたかと思います。私は、所属モデルの子たちには図鑑の枠を超えた活躍をしてほしいという考えを持っています。それにより一人ひとりが成長し、福島を活性化させるエンジンになってくれることを目標としているからです。次は何をしようか、今のメンバーでどんなことができるか…頭の中はそんなアイデアでいっぱいです。

いつの日か福島の子たちが日本中をあっと言わせる日が来る。そう信じてこれからもフル回転でがんばりたいと思います。
応援よろしくお願いいたします!

福島美少女図鑑プロデューサー
高橋路雄


Editorial director

vol.04はご覧いただけましたでしょうか。お気付きの通り、今回はダブル表紙でどちら側からでも目を通せる仕様になっています。ちょうど本の真ん中周辺は紙を変えて遊び心をプラスしました。今やメディアに引っ張りだこの「まこみな」と「箭内夢菜」はどちらも福島県の顔になっているのは間違いありません!「まこみな」と「箭内夢菜」のダブル表紙は福島美少女図鑑でなければ実現しなかった事でしょう。そして現場では新たなひらめきやアイディアが飛び交い、ディレクターの立場として私自身も各現場で勉強させてもらっています! 毎回のことですがお忙しい中、作品制作のために時間をさいて頂いているサロンの皆様、ご協力頂きましたスポンサーの皆様本当にありがとうございました。また、ここまで読んでくださった読者の皆様、引き続き福島美少女図鑑の応援宜しくお願い致します !

エディトリアルディレクター
折笠裕介